<3-3>合計119人の参加者が「こどもスーパー」を楽しみました

お昼ごはんの後は、お店屋さんづくりをスタート。

今回は参加者が少ないので、みんなで協力してお店づくりを進めました。

まずは、みんなでお店の名前を考えました。その名は「Tのふくやさん」。

ダンボールを使って商品台をつくったり、色紙やペンを使ってお店をデコレーションしました。

風が強かったため、道具や商品まで飛んでいってしまうハプニングが続出!!!

そのせいでオープンが少し遅れてしまうトラブルが発生するも、子どもたち自ら「まだオープンしていません。お待ちくださーい」などとアナウンスをしながら準備を進めていました。

土足禁止のビニールシートのため、お客さんが靴を脱がなくても近くで商品が見えるようにとダンボールを敷いたり、商品台に風よけをつくったり、レジなども用意したら、いよいよオープン!

「いまからオープンしまーす!」

子どもたちの大きな掛け声で、一斉にお客さんがやってきました!

寄付された食品や子供服を手に取り、子どもも大人も大盛況!おもちゃのお金でお客さんとやりとりをしたり、売れた商品を袋詰めしたりと大忙しでした。

人気の食品がなくなり客足少なくなった後半は、輪投げコーナーを作って「楽しいよー」と客寄せを始めたり、タイムセールなどをして、オープンから1時間足らずで商品は完売!

最後は、テントに装飾されていた風船をプレゼントしていました。

そのあとは、みんなでお片づけ!

「今度はお客さんもやりたいなあ」とつぶやく子。先生が「お給料をもらった後は先生が駄菓子屋さんで、みんなはお客さんだよ。」と伝えると、子どもたちは大喜び!

そのまま一気にお片付けをしたら、お給料をもらって、駄菓子屋さんで景品交換をして「こどもスーパー」は終了です。

子どもたちの成長とともに、どんどん進化していく「こどものひみつきち」。今回もたくさんの笑顔とパワーを与えてくれた子どもたちに感謝いっぱいです。本当にありがとうございました。

第3回こどもスーパー/10月開催

会場:アルバビル
名古屋市中村区本陣通5-130
日程:2018年10月27日(土)
参加者:119人(子ども48人)

第3回活動レポート