【第2回こどもクラブ】種まき・植え付け

かぼちゃとズッキーニとトウモロコシを植えました!

5/4(土)あさ10時半から第2回講習会を開催しました!(天気はれ)

今日の最高気温は27度の予報!!熱中症にならないように注意をしながら講習スタート。

まずは、前回植えた苗の水やりから。ジョウロにスプーン2杯の肥料を入れてお水を入れます。

よいしょ、よいしょ。重いけどみんながんばって運びました

野菜の成長を見て回る子。

ひとつひとつ丁寧に水やりする子。

土の感触を楽しみ、歩き回る子。

それぞれが好奇心を働かせて、自然を体感しています。

水やりを終えたら、かぼちゃ2種類とかぼちゃの仲間のズッキーニの苗を、60センチ感覚で並べいきます。

みんなで協力して、やさしく並べていきました。

ビニールをカマを使ってやぶり、苗を土の中に植えていきます。

すべて子どもたちに任せ、大人たちはそっと見守ります。

苗を植えたら、最後は水やり。

ここでお勉強タイム。

食物が育つのには「窒素」が必要で、さっきジョウロに入れた肥料は「窒素」だったそうです。

子ども達より、保護者の大人たちの方が「なるほど〜」と聞き入っていました。

暑いので、ここで水分補給。

少し休憩したら、今度はトウモロコシの植え付けです。

こっちは、筒を使って穴をあけました。

苗の感覚は、パーの手2個分。向かい合わせで100本植えました!!!

100本の苗を植えたら、水やりです。

みんなで協力して、一気にお水をあげていきます。

「いーち、にー、さーん、しー、ごー」と5秒づつあげました。

ここでいったん、道具をお片づけ。

そしてヤギさんにごあいさつ。

ヤギさんのまねっこ〜

最後に収穫体験!

残りの新玉ねぎをぜーんぶ収穫します。

子どもたちとお母さんは、どんどん掘って袋に詰めていきます。

お父さんたちは一輪車で運ぶなど、みんなで役割分担。

収穫した新玉ねぎの量は100キロ以上。

食べきれない新玉ねぎは、自立援助ホーム「のぞみ」と子ども食堂「ばっちゃんち」に寄付しました!

みんな暑い中、おつかれさまでした。

参加者募集!

こどもクラブに参加したい方を募集しています。

まずは1日だけ、来れる日だけの参加も大歓迎!
みんなで育てた野菜で「こども食堂」も開催します。

どうぞ奮ってご参加ください。

こどもクラブの詳細・お申し込みはこちら
https://kodomo.auzutto.org/club/

子供の未来応援国民運動